統一感を重視した配色パターンをご紹介します。 配色パターン1:モノクロマティック. イラストの見栄えを決める最後の工程、仕上げ。 絵を全体のバランスを整えるだけでなく、画面内の統一感を出したり、明暗や光の当たり方などをより際立たせたりできるなど作品をワンランクUPさせる大事な作業です。 今回は、仕上げ工程で頻出の「グロー効果」を特集します。 そこで、統一感を持たせつつ、きれいなデザインに仕上げるために使用する色を同系色で揃えてみましょう。同系色とは、青や水色などの寒色系、オレンジや黄色などの暖色系といった似通った色のことをいいます。 チラシの作成で同系色を使う場合、どのような色を選んだらいいかわからな� より、全体の色に統一感があることがわかると思います。 ここから色を選べば「色相」「明度」「彩度」に統一感のある配色が簡単につくれるはずです! 「トーン・オン・トーン」「トーン・イン・トーン」にアレンジを加えたオススメ配色方法. たくさんの色を使うと、それはそれで楽しいイラストになりますが、色の調和を取ることが難しくなります。 まずは「ベースカラー」「メインカラー」「アクセントカラー」の3つの色を決めて配色していくことで、イラスト全体にまとまりが生まれ、見やすいイラストになっていくと思います。 パステルカラーなど彩度の低めの色を使うことで、印象が柔らかくなり統一感が出ます。 5.重たく見える色・軽く見える色のバランスを考える. モノクロマティックは、色相環から1色(または、隣り合わせの近似色)を選択して、明度・彩度の差だけで色付けする方法です。 長所 統一感を重視した配色.