世界最高峰エベレストで1996年に起きた遭難事故を3dで映画化したサバイバル・ドラマ『エベレスト3d』の日本版予告と、自然の脅威を前にして青ざめた表情を浮かべるジェイク・ギレンホールを映し出した場面写真が公開された。 超過酷な『オーバー・エベレスト』撮影舞台裏 2019年10月28日より開催中の<第32回東京国際映画祭>の特別招待作品にも選出された本作の公開に先駆け、共演のチャン・ジンチューとリン・ボーホン、ユー・フェイ監督らが来日し、各国メディアや詰めかけた観客を前に舞台挨拶を行った。 登頂を目指す人々で混雑するエベレスト山頂付近(2019年5月22日撮影)。(c)afp photo / project possible 撮影は命がけ…映画「エベレスト 3D」がヤバ過ぎる【日本人出演】 11月6日から映画「エベレスト3D」が公開されます。 本作は1996年に起きたエベレスト山大量遭難事件を基にした山岳サバイバルアドベン … 映画「エヴェレスト 神々の山嶺」ロケ地が気になる. ゲッティイメージズなら最適なエベレスト山のストックフォトやとニュース写真が見つかります。他では入手できない品質の高い写真がダウンロードできます。 2017年5月21日に、リコーの社員がエベレストに登頂しました。その時山頂で撮られた360度ビューの写真がすごいと話題に!リコーのシータというカメラを用いて撮影されたパノラマ写真は、まるで自分がエベレスト山頂にいるかの気分が味わえます。 1996年のエベレスト遭難事故に同行していたジャーナリストのジョン・クラカワー氏が翌年に刊行した原作「空へ」を映画化したもの。 商業登山が抱えるリスクマネジメント上の限界を事実に忠実かつ克明に描写したセミ・ドキュメンタリーだ。 エベレストは標高8848メートル、世界最高峰。ドキュメンタリー映画『クレイジー・フォー・マウンテン(原題:Mountain)』は、最低でも2万5000ドルをかけてエベレストを目指す登山者たちがベルトコンベヤーのように列をなす姿を描いた。映 今回の映画のみどころは なんといっても日本映画初となるエベレスト での撮影ですね。 高度6,000メートル付近で世界でも類を見ない映像を撮影する ということなので 圧巻の映像が期待できそうです。