自分のブログやSNSに、他のWebサイトのスクリーンショットを貼ることがあると思います。やはり、スクショの画像があった方が説明やイメージさせやすいですよね。 しかし、スクリーンショットを貼ると著作権侵害の可能性があることを知っておいた方がいいと思います。 原則的に 著作権法で著作物の利用が認められている引用などの場合を除き、他人の著作物を著作権者に無断で利用(複製、アップロード、改変など)する行為は 著作権侵害にあたります。ゲームソフトも著作物であるため著作権が発生しています。

著作権の法律が、改正される案が、国会に提出される、と新聞記事がありました。 早ければ、2020年からの施行を目指すようです。 ちまたでは、 『スクリーンショットも、著作権法の違反になるって?!』 と、若干、ザワついています よね。 ネット上で著作権侵害になるケースとは?削除や対処の方法|ネット上での誹謗中傷トラブルについて皆様の疑問にお答えしながら、解決に近づけるコラムです。|書き込み削除・投稿者特定なら【弁護士法人アークレスト法律事務所】へご相談ください。 著作権のある画像や文章を無断で利用・転載すると、著作権侵害として違法になる; ただし、①そもそも著作物でない場合、②あらかじめ著作者から許可を得ているような場合、③引用、④転載(著作権法32条2項)の場合、その利用は違法にはならない ツイッターのツイートの引用やスクショはツイッター規約や著作権法違反なのか?一部で断定的な表現がなされているところがありますが、この話を誤解した主張が多々見受けられるので、改めて状況を整 …

ア この利用ルールは、著作権法上認められている引用などの利用について、制限するものではありません。 イ 本利用ルールは、平成28年1月25日に定めたものです。本利用ルールは、政府標準利用規約(第2.0版)に準拠しています。