店頭での無人デモなどのように発表者のいないプレゼンテーションでは、スライドの内容に合わせてナレーションを録音しておくと便利です。 ナレーションを録音するときは、あらかじめパソコンとマイクを接続し、スライドショーを実行しながら録音します。 PowerPoint 2016でマイクを使用してオーディオを録音するには、[挿入]タブの[メディア]グループの[オーディオ]をクリックし、[オーディオの録音]をクリックします。この手順を実行するには、コンピューターにサウンド カード、マイク、およびスピーカーが必要です。 Macの音源とコンポをつなぎ、ライン入力で録音しようとしています。レベルは振るので音自体は来ていると思うのですが、録音した後再生してみようとすると何も入っていません。以前は問題なく録音できたのですが、何が原因なのでしょう オーディオのナレーションとタイミングによって、Web ベースや自動のスライド ショーを強化できます。 サウンド カード、マイク、スピーカーがあれば、PowerPoint プレゼンテーションを記録し、ナレーション、スライド間のタイミング、インクとポインターの動きを取り込むことができます。

Macでボイスメモを録音するには、内蔵マイク、対応するヘッドセット、または外部マイクを使用します。同じApple IDを使用してサインインし、iCloud環境設定で「ボイスメモ」がオンになっているすべてのデバイスでボイスメモを聞くことができます。
パワーポイント(PowerPoint)の動画と音声の挿入、動画のトリミング、圧縮等について詳しく解説しています。 基礎からわかる!パソコン入門・再入門再生できない・圧縮・トリミング・動画形式.