メガバンクの人材確保に関して転換期を迎えているかもしれません。私が学生のころであった 20 年以上昔は人気企業の筆頭でしたが、時代の流れを感じます。. メガバンクはこれまで毎年1000~2000人の規模で新卒を大量採用してきました。すでに2018年卒採用から数を絞り始めていますが、今後さらに減らす可能性があります。地方銀行など他の金融機関にもリストラは広がるでしょう。 メガバンクグループは低金利やデジタル化の進展に伴い、収益構造の改革が急務。採用抑制による固定費削減を柱の一つに据える。半面、フィンテックなどを活用した新ビジネスの創出に力を入れており、理系人材を巡る争いは今後も熱を帯びそうだ。
しかし、メガバンクが今後新卒採用者数の抑制傾向を報じており、大手証券や大手生損保も同様の対応を採る可能性がある。 商工中金も、採用者数の推移を見ると、 145⇒167⇒131⇒137⇒118(2019年4月)と、 減少傾向が見られる。

また、メガバンクや大手証券の一般職もなくなるでしょう。 一般職採用見送り!一般職採用廃止!一般職の新卒採用が0人に!という時代はすぐそこです。 これから就職先を検討する人は、単に大手だから、という理由で決めないほうが賢明です。 理由(1)採用中止は“突然降ってくる” 知人のB社の人事が興味深い話をしてくれた。 「採用中止は経営層の判断で突然降って来るものなんです。 かつては人気企業だったメガバンク.