平成29 年度税制改正により、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われ、配偶者控除及び配偶者特別控除の控除額等が改正されました。見直しに伴う改正は、平成30年から適用されます。 所得税の税務調査があると、3年分の確定申告について調査されることが多いです。 何らかの間違いがあり、3年分の所得税を修正申告することもあるでしょう。 今回は、3年分(平成27年から29年分)の所得税を修正申告した場合に発生する所得税以外の税金について書いてみます。 自営業者の方などは特に変わりませんが、会社員の場合、2年目以降は年末調整で自動的に控除がされる仕組みになっています。従って、自分で役所などへ出向いて申請を行う必要はありません。便利であり …

自営業者等の場合 自営業者の人などについては、市町村等から送付される納税通知書(納付書)により、原則として6月、8月、10月、1月の年4回(市町村等により異なる場合もあります)に分けて支払う(普通徴収)こととなります。 その他 自営業者(個人事業主)はサラリーマンなどと違ってさまざまな税金を負担しなくてはならず、またその計算も原則自分で行わなければなりません。具体的には、自営業者(個人事業主)にはどのような税金が関わってくるのでしょうか?