基幹番号の末尾は労働保険の適用の区分を表している。 0 …一元適用(最も一般的。1つの労働保険番号で労災保険・雇用保険が両方成立している。) 2 …二元適用で建設業の雇用保険のみ成立している。 4 …二元適用で林業の雇用保険のみ成立している。

労働保険番号について : 労働保険番号は府県( )所掌( )管轄( )基幹番号( )枝番号( )の14桁の番号から成り、一元適用事業所には1つの労働保険番号が付けられる。 「所掌」 1・・・・・労基署の所掌するもの 2・・・・・公共職業安定所の所掌するもの

よって、一元適用事業では、労働保険番号と雇用保険適用事業所番号の2つがあることになります。 この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています. (2) 概算保険料申告書 (保険関係が成立した日の翌日から起算して50日以内) いずれかに 所轄の都道府県労働局 日本銀行(代理店、歳入代理店(全国の銀行・信用金庫の本店又は支店、郵便局)でも可) (3) 雇用保険適用事業所設置届 労働保険番号とは、労働者が労災保険給付を受ける際などに必要となる14桁から成る番号です 雇用保険 - こんにちは 労働保険の基幹番号で末尾が「3」です。 色々なサイトを調べたのですが、出てくるのは 「0」・・・一元適用事業に該当(労災保険、雇用保険) 「2」・・・二元適用事業の雇用保険に 労働基準間監督署より書類の定時を求められ、現在作成しているのですが、労働保険番号について教えてください。当方で割り当てられている番号が3つあります。どうやら2元適用事業所のようです。労働基準監督署に提出する書類にはその番