就業規則・人事労務はお任せください! 冨澤社労士事務所 〒352-0001 埼玉県新座市東北2-31-6 第1福島ビル4b (東武東上線志木駅南口徒歩2分) tel:048-458-3560 fax:048-458-3561

就業規則の作成費用に差がある理由としてまず言えるのは、一口に就業規則の作成といってもそもそもサービスの範囲が違う点が上げられます。 就業規則の業務の流れの一例として、以下に弊所での一般的な流れをご紹介いたします。 質問1 従業員が10人未満の会社ですが、就業規則は必要ですか? はい。従業員の人数に関わらず就業規則は必要です。 法的には1つの事業場で常時10人以上の労働者がいる場合に、作成・届出の義務が発生します。しかし、10 本社以外の就業規則の作成義務 労働基準法は、事業所単位で適用されますので、就業規則も事業所ごとに作成して届け出ることになっています。 就業規則の作成は、社員数(パートタイマー等を含みます)が10人以上の事業所に対して義務付けられています。 大阪社労士事務所は、お客様の就業規則を、お客様のご要望に添った形で、作成または変更・見直しをします。 (当事務所のオリジナル規則をご希望の際は、お客様のご要望によります。) 業務の流れ 就業規則を新しく作る場合 . 基本的に一番労力をかけるポイントは就業規則の作成ですが、それ以外にも手続きはいくつかあります。社労士に依頼すれば一任することができますので、必要に応じて依頼も検討しましょう。 社労士に就業規則作成を依頼する時の知識. 就業規則作成は社労士にお願いすることを、おすすめする理由. 就業規則は誰が作成しても大丈夫? - 労働問題に関する法律相談なら大阪にある弁護士事務所『四ツ橋総合法律事務所』就業規則の改正や従業員の解雇相談、有給休暇の整備、残業代請求への対応など法人・経営者の立場からお悩みを解決致します。【0120-4284-99】 大阪の就業規則作成代行サービス・社労士しみずオフィス . 便利な世の中になりました。 厚生労働省も「モデル就業規則」を公開し、「規程例や解説を参考に、各事業場の実情に応じた就業規則を作成・届出してください。」としています。 当然、社員の数が増えれば、社会保険への加入・喪失やそれ以外の手続きも増えていきます。社労士はそうした業務の代行を行っているので、その後のお手伝いもできます。 ただし、起業される方の多くは税務や登記には頭が回っても社会保険までは手が回らない事が多いようで、この時点で�