湯浅那智勝浦町長らがさんふらわ号の存続を求めて要望書提出 2001年1月14日 泉信也国土交通副大臣が、二階代議士の新年の集いに出席するため来県。湯浅那智勝浦町長、佐藤新宮市長らが存続への要請。 2001年 1月 マリンエキスプレスは、かつて日本に存在した海運会社。前身は日本カーフェリー(1965年 - 1990年)で、シーコムに買収されシーコムフェリー(1990年 - 1992年)となった後マリンエキスプレスとなる。

東京湾フェリーは、久里浜から金谷まで約40分の東京湾横断快適クルージングができます。 2020年4月~2020年6月の運航カレンダーとなります。 ※所要時間は片道約40分となります。 ※運航船・所要時間は状況により変更になる場合がございます。

もうひとつの東京~那智勝浦~高知航路は2001年10月に廃止 セントラルフェリー(川崎 - 大阪・神戸航路)・・・採算に乗らず、1972年廃止 西日本フェリー(神戸 - 苅田航路)・・・採算に乗らず、1975年に阪九フェリーに事業譲渡して解散

近年には那智勝浦、高知港にも寄港するようになり、航路の存続に黄色信号が灯っていると耳にするようになった。 川崎から宮崎まで一昼夜かかるフェリーを、旅客が純粋な移動手段として利用するのは、このご時世、無理があるのは承知