「印鑑証明書」は法務局で発行されるものではなく、市町村で発行されるものでよいのでしょうか? よろしくご教授ください。 質問日時: 2008/11/13 14:59:26 解決済み 解決日時: 2008/11/28 04:00:20 回答数: 3 | 閲覧数: 9250 お礼: 250枚 共感した: 0 この質問が不快なら. 相続の手続きで印鑑証明書が必要になる場面は4つあります。①遺産分割②相続登記③払い戻し手続き④相続税申告。この記事では4つの場面ごとに必要となる対象の方を解説しています。 bcd 間の遺産分割協議書、 a の相続分譲渡証明書(実印押印して印鑑証明書添付<期間制限なし>) acdの権利証(登記識別情報)、印鑑証明書(3ヶ月以内のもの) bの住民票(マイナンバーの記載のないもの) <共同相続人以外の第三者に相続分を譲渡する場合> 1.共同相続登記をする前. 相続分譲渡証明書の例は上記のとおりです。決まった書式はありませんが、自らの有する相続分の全部を誰に譲渡するのかを明確にします。この証明書へ、相続分を譲渡する相続人が署名押印(実印)し、印鑑証明書を添付します。 相続手続きを進めていくうえで、各申請先から印鑑証明書や戸籍謄本といった証明書を求められることがあります。 相続手続きは時間がかかるものですし、遺産分割の協議に時間を要する場合には、気が付けば半年や1年と経ってしまうこともありますので、証明書の有効期限は気になるところ。 相続が発生したとき、さまざまな書類が必要となりますが、その中でも「戸籍謄本」と並んで重要なのが 「印鑑証明書」 です。 では、なぜ相続で 印鑑証明書 が必要か、理由を理解していますでしょうか。. 相続分譲渡証明書の書式・書き方・雛形を司法書士が解説。現在の遺産相続では「遺産分割協議」がメジャーですが「相続分譲渡」という制度もあります。この場合には相続分譲渡証明書を作成します。書類作成の際の参考書式・ひな形ページとしてご活用ください。 相続分を譲渡する者は、相続分譲渡証明書に実印にて押印が必要です。 また、当該印影にかかる 印鑑証明書を法務局に提出する必要があります 。 札幌で相続登記のご依頼なら司法書士平成事務所へ