勤務先の会社が給料の未払い(不払い)を起こしている場合、具体的にどのような対処をして未払い遺文の賃金を請求することができるのでしょうか?このページでは、賃金の未払いにあった場合の具体的な対処法などについて解説しています。 このページでは、会社が給料(給与・賃金)支払わない場合に、労働基準監督署に対して違法行為の是正申告を行う場合の申告書の記載例(ひな形・文例)を公開しています。 4.3. (昭和22年9月13日発基第17号) なお、使用者が、社外積立制度(適格退職年金、確定給付型企業年金、中小企業退職金共催等)を用いて退職金を支払う場合であっても、就業規則等に定めがあって、労働条件の一部として認められるものであれば、使用者はその支払義務を負うことになります。 退職日の6か月前から立替払請求日前日までに支払期日が到来したこと; 4.7. 毎月の給料は銀行振込を利用する企業が大半ですが、給与振込はいつ行われているかご存じですか?給料日に引き出しに行ったらまだ振り込まれていなかった…ということにならないよう、当コラムを読んで給与振込について確認しましょう。 賃金が未払いであること; 4.6. 労基準が定める労働者であること; 4.4. これを見れば給料未払いで悩んでるのが一気に解決!給料未払いの相談すべき人は弁護士?社労士?労基?そんな悩みを解決します!また給料未払いさせないために必要な書類や証拠を完全解説します。 倒産手続申立ての6か月前から2年以内に退職したこと; 4.5. 残業代も賃金も未払いのブラック企業に、新卒で就職してしまった私が、労働基準監督署へ相談に行った体験談を掲載しています。残業代請求や未払い賃金請求は、労基署に行っても解決できない?勧告に強制力はない?実際に私自身が経験した出来事をお伝えします。 労働基準監督署(労基署)を利用して未払い残業代等を請求する方法について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所がご説明いたします。未払い残業代等請求でお困りの方のお役に立てば幸いです。