なお、原則として、生命保険金・死亡保険金は遺産分割協議の対象ではないため記載の必要はありません。 遺産分割のやり直し 遺産分割協議のやり直しについては、法的には有効ですが、税務上は当初の分割内容で確定してしまうため、やり直しによる相続人間の財産の移転については、贈与� なお、代償分割を行う場合の遺産分割協議書の書き方としては以下のとおりです。 例えば、金融資産が多く銀行口座も複数の場合、代表相続人を設ける形で遺産分割を行うと、代表相続人が銀行口座ごとに相続者それぞれに対して分配する必要が出てきます。 遺産分割の手続き必要書類など遺産分割協議書の仕方や方法など書き方を手続きネットがわかりやすく解説。遺産分割の意味や相続方法、遺産相続税についてのアドバイスや遺産分割協議書サンプル見本など遺産分割の情報も分かりやすく教えます。 遺産分割協議書を作成する方がいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。 今回は作り方のポイントをまとめた上で、相続人が特殊な場合について、及び作成しなかった場合や変更の場合の注意点などをお伝えいたします。 遺産分割協議証明書とは何でしょうか? 遺産分割協議書とは、どう違うのでしょうか? この記事では、遺産分割協議証明書と遺産分割協議書の違いを分かりやすく説明し、どちらを作成するべきか判断できるようにします。 また、それぞれ […] 被相続人(亡くなった人)が銀行に預金していた場合、当然ながら、その預金も相続の対象となります。 この記事では、銀行での相続手続きに必要な書類や、預金がある場合の遺産分割協議書の書き方について説明します。 ダウンロードして […]