^ “釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)整備基本設計候補者選定簡易プロポーザルのお知らせ”.

^ “釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)整備基本設計候補者選定簡易プロポーザルのお知らせ”.
釜石鵜住居復興スタジアムの公式ページです。 Official Page of Kamaishi Unosumai Memorial Stadium. 2015年10月15日 閲覧。 ^ “【仮設で1・6万席確保】岩手県釜石市、釜石鵜住居復興スタジアムの仮設施設等整備基本設計発注”. フラワームーンから一夜明けた今日、どこまでも広がる美しい青空。 風薫る五月、新緑と丁寧に刈り込まれた芝の中に佇みながら、一日も早く皆様の歓声を聞くことができるよう私達スタジアムスタッフは願っています。 #釜石鵜住居復興スタジアム #釜石 釜石市 (2015年9月14日). 釜石鵜住居復興スタジアム、岩手県 釜石市 - 「いいね!」2,910件 - 釜石鵜住居復興スタジアムの公式ページです。 Official Page of Kamaishi Unosumai Memorial Stadium. 2015年10月15日 閲覧。 ^ “【仮設で1・6万席確保】岩手県釜石市、釜石鵜住居復興スタジアムの仮設施設等整備基本設計発注”. 2.9K likes. 今夏、「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」が誕生した。来年、日本において開催される「ラグビーワールドカップ2019TM」の会場の一つである。平成21年に日本開催が決定したこの大会の試合誘致を釜石市が表明したのは、震災から9か月後。 東日本大震災で発生した津波により、釜石市の中でも甚大な被害を受けた鵜住居地区であったが、鵜住居川河口付近にあった鵜住居小学校・釜石東中学校の生徒は周辺の住民と共に避難し犠牲者を出さなかった。
完成した釜石鵜住居復興スタジアム 釜石市がラグビーワールドカップ(W杯)2109日本大会の試合会場として鵜住居町に建設していた釜石鵜住居復興スタジアムが完成し、3日、報道関係者らに公開された。東日本大震災で被災した鵜住居小・ 釜石鵜住居復興スタジアム. 釜石鵜住居復興スタジアム, 岩手県 釜石市. 釜石市 (2015年9月14日). 2020年05月01日 YouTube公式チャンネル「ラグビーのまち釜石」の開設について; 2020年04月06日 ラグビーカフェ英会話教室の中止について; 2020年03月31日 鵜住居運動公園・釜石鵜住居復興スタジアムの利用について(一般の方の使用・視察・見学の申し込みを開始いたします)