障害者本人の収入に対する税額計算の際に控除される障害者控除と、その障害者を扶養親族としている納税者の税額計算をする際に控除される障害者控除が同時に二人の障害者控除として控除できるか、というご趣旨でしたら両人とも控除は受けられます。 障害者控除とは、納税者本人、同一生計配偶者、扶養親族が障害者に当てはまる場合に、一定の金額を所得控除することができる制度です。 控除額は以下のとおりです。(平成30年4月時点) 障害者: 特別障害者: 同居特別障害者(※) 所得税: 27万円 40万円: 75万円: 住民税: 26万円 30万円 53 そこで障害者控除で受けられる控除額は以下になります。 障害者一人につき:27万円 実際に税金を納めている本人か扶養親族が障害者である場合、確定申告の際に障害者控除の対象となり控除を受けることができます。. 障害者控除は、納税者本人はもちろん、一定の配偶者や扶養親族についても適用することができる制度です。 障害者控除の控除額や、確定申告・年末調整における手続きを、分かりやすく表と図を使って説明しますので、是非ご利用いただければと思います。 障がいのある方、いわば所得税法上の「障害者」に該当する方は、確定申告において、さまざまな障害者控除を受けられる仕組みになっています。特例には、障害者本人が受けるもの、障害者を扶養している者が受けるもの、障害者を雇用している者が受けるものなどがあります。 障害者控除について.

「自分」に障がいがある、または「障がいのある家族」を扶養している場合には障害者控除を受けることができます。 年末調整や確定申告で申請すると27万円から75万円の控除ができます。 ざっくり言うと4万円~12万円くらいの節税になるので漏れないようにしたいですね。 要ケア障害者、コロナ禍でリスク二重 本人も重症化恐れ 05/20 06:20 神戸のパンダが中国帰国へ コロナ禍、習氏来日延期も影響?