今年開業したばかりの人や、まだ会社が軌道に乗っていない場合、事業収入が少ないということがあります。 また事業は変動を伴うので、いつもいい時ばかりというわけではありません。 利益が少なく明らかに税金が発生しない場合、確定申告はしなくても良いのでしょうか? 収入と経費が少ない個人事業主についての質問です。収入130万円未満です。経費は、1万円未満です。青色申告をしても経費が1万円未満では青色申告をする意味はありませんか?青色申告をしない場合、基礎控除の38万円のみになるのですか?(生命保険料と医療費は会社員の夫の方から引 … わたしの白色確定申告(フリーランス8年目) | デザイナーのイラストノートこういう記事が人気になってました。ちょっと気になったのは以下のところ。 白色申告と青色申告どう違うの? ざっくり言うと、すごく簡単だけど控除が少ない白色 vs ちょっと面倒だけど控除が多い青色です。 この控除は、上記1の要件に該当しない青色申告者が受けられます。 (注) 1 不動産所得の金額、事業所得の金額又は山林所得の金額の合計額が10万円より少ない場合には、その金額が限度になります。 【税理士ドットコム】青色申告承認されています。昨年末に廃業し、青色承認は残したままです。今年は事業を行う予定はなかったのですが、予定外の収入が少しありました。この場合でも一応白色申告ができるという情報がありますが、10万円以下であれば白色申告でも特に損はありませんか? 青色申告特別控除は、申告内容や申告方法によって10万円、55万円、65万円のいずれかの所得控除が受けられるものです。 その ため、 所得税額が安くすることができます。 今年は収入なしでしたが、青色申告することにしました。青色申告しないと、申請が取り消されるかもしれません。また再申請が通るかも分かりません。収入なしでも青色申告しておけば、損失を今年や来年の所得から差し引いて節税できます。 個人事業主の場合、確定申告を行い、所得税を計算、納付する必要があります。そこで、申告に関する知識が必要なんですが、一気に覚えるのはきついもの。でも、最低限これだけは覚えておいてほしい知識を今回はまとめました。スタートはここからです! 確定申告って何? 個人事業主にとっての確定申告とは、 1月1日から12月31日の1年間の所得の額と所得税の額を計算して、納税する手続きのことです。 毎年時期が決まっていて、今年平成30年度の確定申告は、2019年2月18日(月)から3月15日(金)です。 青色申告の控除申請についていくつか注意点があります。 2 10万円の青色申告特別控除. 2行目には、「青色申告特別控除額」とあり、青色申告特別控除額と青色申告特別控除前の所得金額のうち少ない方を記入します。 控除申請の注意点. 【税理士ドットコム】5年前からカウンセリングで開業届けを出し、個人事業主になりました。売り上げが少ないのに 青色申告してよいか迷っています。毎年売り上げが15000円程度でバイト収入が220〜240万円経費が60〜70万円あり青色申告していました。 確定申告には白色と青色の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。白色申告は青色申告と比べて比較的簡単に確定申告を終わらせることができる申告方法ですが、どんな人が白色申告に向いていて、どんなメリットがあるのでしょうか?今回は、白色申告の基礎知識について解説していきます。 サラリーマンの副業は事業所得と認められることが少ないため、青色申告できないケースが多いです。 青色申告は会計処理が煩雑になりますが、青色申告をした方が税金の負担が減るケースがほとんどです。 青色申告とは、国税庁が推奨する一定水準の帳簿を作成し、その上で正確な所得計算を行う確定申告の方式です。青色申告者には、納税をする上で有利な特典が与えられます。ただし、事前に税務署への申請を行い、青色申告を行うための承認を受ける必要があります。