Aquantia(本社:アメリカ カリフォルニア州)は2017年5月16日(現地時間)、10ギガビットLANカード 「AQN-107」 および、5ギガビットLANカード 「AQN-108」 を発表した。 近日中より発売が開始され、市場想定売価は127ドルと99ドル。
考察 このカードは OS がドライバを持っていないので OS をインストールする時に手間がかかると思います。 インテルの X540 コントローラの方が良いと思います。 しかし、価格を抑えている点は評価されるべきだと思います。 今回の内容は、 10GBase-T LAN カード Gigabyte GC-AQC107 についてでした … qnapは、企業や組織がqnap nasの帯域幅のアップグレードを行い、集中的なデータ転送と仮想化アプリケーションを利用するために、さまざまなコスト効率の良いネットワーク拡張カードを提供しています。

ASUS(エイスース)からPCI-Express x4接続、最大10Gbpsの高速転送に対応した有線ネットワーク拡張カード「XG-C100C」が登場、2017年12月8日(金)より販売を開始している。 10GBase-T / 5GBase-T / 2.5GBase-T / 1000Base-T / 100Base-TXの5段階の転送速度に対応し10GBase-Tカードとしては安価。

3.

18/9/9現在公開されているチップメーカーaquantiaのサイトにある、aqc107用 最新ドライバをインストールしました。 それでもデバイスマネージャー上では、asus xg-c100cとして認識します。 PCI-Express3.0(x4)接続に対応する、GIGABYTEの10ギガビットLANカード 「GC-AQC107」 がリリース。 ネットワークチップはAquantia製「AQC107」を搭載、ショートサイズの基板すべてをヒートシンクで覆っている。