複数タブを一時保存したい時に便利なChrome拡張機能Tobyの紹介です。乱雑に開いている複数タブを保存し、あとで一括で開くことができます。作業の一時中断、再開をしたい場合に便利で、ブックマーク機能としても使えます。 Google Chromeで拡張機能を使って、新しいタブに特定ページを設定する方法を説明します。新しいタブに自分のニーズに合ったページを設定しておくと、パソコンワークもスムーズに行えます。Google Chromeではそれが可能です! Google Chrome拡張機能Session Buddy(セッション バディー)とは? Session Buddy(セッション バディー)は開いたタブ(セッション)をまとめて保存したり、編集して管理したりできるGoogle Chromeの拡張機能です。 複数のタブを保存し、ボタンひとつで開くことができます。 Gmail Chromeを起動すると、前回開いていたページ・タブの代わりに新規タブが表示されます。この仕様のため、間違って終了してしまった時はタブを復元するのに苦労してしまいますよね。この記事では、Chromeで前回開いていたページ・タブを復元する方法を説明しています。 Chromeでネットサーフィンしていると、そのページを保存して後で見たくなることがあります。そんな時に便利な方法をご紹介。Webページを画像で保存するはじめは、Webページを画像として保存する方法です。僕はOSがWindowsなので、Win Google Chromeで開いているタブすべてを保存する拡張機能には、セッションマネージャーやSavetabsがあります。 しかしどちらも一長一短でブラウザが重くなる、あるいはブックマークバーがいっぱいになるといった欠点も持っています。 「Freezetab」はブラウザで開いているタブの一部だけをまとめて閉じたり、一時的に保存したりできる拡張機能です。 「Quick Save」をクリックすると、今開いているタブをまとめて保存することが可能です。保存したタブをアルファベット順