Android 7.0~8.1でバッテリー異常消費が大量発生、原因はGoogle Play開発者サービス+WiFiの模様 2017/12/8 具体的には、スマートフォンが突然バッテリーの異常消費を初め、ひどい場合にはスタンバイ状態でも1時間で数10%のペースで電池が減っていく、というもの。 原因は不明です。 ここのところのGoogle関係のアプリの不調の一環かも知れません。 Google Play ストアが消えると、 Google Play ストアがバッテリーを浪費しない(当たり前ですけど) アプリの更新が止まる→バッテリー消費が減る 「Googleマップ」(Android版)によるバッテリー消費を抑える方法 ―― Androidスマートフォンをご利用の同志(?)に情報提供です。 最近、急にバッテリー消費が激しくなったなぁ、と思われた方。 あと、Google Playストアも無効にするのは危険かも。 ... NX F-01Fの場合、元からインストールされていた「ギャラリー」のアプリを無効にした所、バッテリーの消費が非常に高くなったので、有効にしなお … 「Google Play開発者サービス」→「アップデートのアンインストール」を選択します。 端末を再起動し、問題が発生する「Google Play開発者サービス」アプリのバージョンを確認する方法でバージョンが 『12.8.72以外』になっている事の確認をお願いいたします。 突然Google Play ストアが消えた. Androidスマホを使っていると、電池の減りで頭を悩ませることがありますよね。そんな時は、バッテリー管理・節電アプリを導入して電池を節約してみませんか。この記事では、Androidスマホのバッテリー管理・節電アプリを8選ご紹介しています。

Google Play開発者サービスは利用している感覚がなく、いつの間にかバッテリーを消費しているという話がよく聞かれます。必要とするアプリは多数あるものの、暴走等によって電池残量が急激に減少することも。そこで、今回はバッテリーの過剰消費の