$ grep –l 検索キーワード ディレクトリ ファイル名を表示しない-hオプション を指定すると検索結果にファイル名を表示しなくなります。 $ grep –h 検索キーワード ディレクトリ 大文字小文字区別せずに. ls [検索対象フォルダのパス] | grep "[検索したい文字列]" 指定フォルダ配下を再帰検索. ファイル名に「 」という文字列が含まれているファイルのリストを取得。 指定フォルダ直下のみ. 検索結果にファイル名のみ表示する。-n(--line-number) 行番号を表示する。 fgrepコマンド. grep -r 検索文字列 ディレクトリ -lでバイナリ除外 grep -rl 'test' /tmp/test/ ただ、これだとファイル名一覧は出るのですが、作成日時やユーザー情報などが表示されません。 なので、|(パイプ)で、lsに結果を渡してあげます。 grep -rl 'test' /tmp/test/ | xargs ls -altr. 今回はgrepを使用しましたが、正規表現を使用しなければfgrepで高速検索ができるそうです。 拡張子を指定した絞り込み.

平成30年12月12日追記

ファイル名をフルパスで出力 通常のgrep結果は、ファイル名+行数とキーワードが含まれる行をセットで表示しますが、このオプションを選択すると、ファイル名の前に ドライブ名 + 上位フォルダ も含めて出力します。 検索履歴を利用して省力化 [find・grep]Linuxで特定の文字列を含むファイルを検索する方法について紹介しています。特定の文字列を含むファイル名・ファイルの中身を検索したい方は参考にしてください。 サクラエディタを開いて、「検索」→「Grep 」をクリック。Ctrl+Gでも開けます。 すると、以下のようなウィンドウが表示されます。 条件:検索したい文字列を入力。正規表現も可能です。 ファイル:検索対象のファイル名を入力する箇所ですが、基本的にそのままでOK